1. センチュリー21
  2. 賃貸
  3. 賃貸管理
  4. サービスの内容

賃貸管理 サービスの内容

センチュリー21の管理サービス内容

賃貸管理サービス 委託方法それぞれのメリット・デメリット

賃貸管理には様々な委託のやり方がございます。そのメリット・デメリットをまとめました。

委託方法 メリット デメリット

一棟管理

  • 空室募集の際、オーナーによる独自の基準を設けることで、一定基準の入居者を集めることができる
  • 管理会社が一棟全体を見ることが出来るため、建物の管理、チェック、提案を行いやすい
  • 入居者トラブルも、1つの管理会社で解決することができ、対応がスムーズになる
  • オーナーは管理会社を不動産全般の相談相手として活用することができる
  • 管理会社にて一棟すべての賃料回収、催促等を行ってくれる
  • 一棟単位での収益管理がしやすくなり、収支状況を明確にすることができる
  • 管理委託費など、費用がかかる
  • 管理会社の管理能力に問題があった場合、不具合の発生や、入居者苦情に繋がる可能性がある
一室管理
※複数の管理会社に委託
  • 管理会社それぞれのサービスや、提案力の違いが分かる
  • 担当号室の入居者苦情に対応してくれる
  • 担当号室の賃料回収、催促等を行ってくれる
  • 管理会社ごとに、管理委託費など、費用がかかる
  • 一室ごとに管理会社が違うため、入居者トラブルの解決が難しい
  • 退去時のリフォームや提案も、管理会社ごとに内容や品質にバラつきが生じる
  • 建物全体の管理、保全はオーナー自身が行う必要がある

オーナー管理

  • 管理委託費等がかからない
  • オーナー自身が、苦情をはじめとした入居者対応を行う必要が生じる
  • 入居者対応によっては、賃料滞納、未回収のリスクがある
  • 退去時の立会い、精算など交渉に手間がかかる
  • 入居者とオーナーの住居が近隣の場合、買い物・病院などで顔を合わせることがあり、日常生活にストレスを感じる可能性も
賃貸管理に関するご相談はお電話またはメールでも承ります

03-5775-2132

営業時間 10:00~17:30 / 月~金(祝日を除きます)

お問い合わせに際しては、物件所在場所、オーナー様の居住場所をお伝えください。センチュリー21本部「不動産相談センター」から、お客様のご相談内容に合った店舗をご紹介いたします。

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る