1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. 賃貸
  3. 賃貸生活Q&A
  4. 上手な転居チェックリスト

上手な転居チェックリスト

物件が見つかったらいよいよ引越し!でも、必要な手続きがたくさんあり過ぎて、何から手をつければいいの?そんな時はこのチェックリスト。上手な引越しをサポートします。

※掲載している情報は地域によって異なる場合があります。

1ヶ月前

引越し1ヶ月前の準備は、退去の連絡や引越し業者の選択など、時間がかかることから始めましょう。

解約の通知

転居が決まったら、早めに大家さんまたは管理会社へ通知しましょう。
通知後、1~2ヶ月分の家賃が発生するのが一般的です。

引越し業者選び

いくつかの業者に見積りをとり、早めに商談をするのが賢い選び方です。

粗大ゴミの手配

役所の清掃担当部に連絡しておきましょう。

電話の移転連絡

局番なしの「116」に電話をしてください。

荷造り道具の用意

軍手、ガムテープ、段ボール等を用意。段ボールは引越し業者からサービスしてもらうか、
スーパーなどからもらいましょう。

転校手続き

在籍校から各証明書をもらってください。
転入する学校へもあらかじめ連絡を入れておくと良いでしょう。

荷造りリスト作成

当日まで使う物や、新居の部屋ごとに使う物などを整理して、リスト表を作っておくと
大変便利です。

2週間前

引越し日2週間前になったら、大まかな荷造りや役所の手続きなど、生活ベースの切り替えの準備をしましょう。

清掃の開始

台所・換気扇・浴室等汚れの落ちにくい所から始めましょう。
「立つ鳥跡を濁さず」の格言もあります。

荷造り開始

ふだん使わないものから段ボール箱に詰めましょう。
箱の外に、通し番号と中身を書いておくと便利です。

郵便物の転送手配

郵便局へ専用用紙を提出してください。1年間、郵便物を引越し先へ転送してくれます。

転出手続き

役所で転出の旨を伝え、「転出届」「印鑑登録」「国民健康保険」等の転出証明書を受け取ります。

電気・ガス・水道

それぞれに現住所と新住所の営業所へ問い合わせ、ガスは閉栓立会い日の約束もしておきましょう。

新聞の手配

取扱っている専売所へ連絡してください。移転先での購読はフリーダイヤルで申し込めます。

前日・当日

引越し日前日・当日になったら、ご近所へのご挨拶や積荷のチェックなど実際の引越しに関わることをやりましょう。

近所へごあいさつ

引越し作業でご迷惑をかけるお詫びもかねて、日頃お世話になった方々に
ごあいさつをしておきましょう。

冷蔵庫・洗濯機の水抜き

運送中に水が漏れる場合があります。冷蔵庫は霜取りをして中身をすべて出し、
コンセントを抜いて水抜きをしておきましょう。洗濯機も脱水して水抜き作業が必要です。

暖房器具の手入れ

石油ストーブ、ファンヒーターなどはタンクの灯油を抜き、空にしておきましょう。

電気・ガス・水道閉栓

各業者の閉栓に立会い、料金の清算をしてください。領収証は紛失しないようにしてください。

積み忘れのチェック

出発前に積み忘れがないか、もう一度、部屋や玄関などをよく確認してください。

新居のご近所へご挨拶

長いおつきあいになるご近所へごあいさつをしておきましょう。最初の印象が大事です。

電気の使用開始

ブレーカーをONにし、使用開始のハガキを投函しましょう。

ガスの使用開始

開栓には本人の立会いが必要ですので、事前に日時の打合わせをしておきましょう。

水道の使用開始

最寄りの水道局へ使用開始の連絡をしてください。地域により閉栓されている場合もあります。

新居のチェック

入居前からあるキズや汚れなどを見つけたら、大家さんか管理会社にすぐ連絡してください。

入居後

入居後は、住所変更の手続きや転居のお知らせなどの新生活を始める準備を整えましょう。

転入手続き

前の役所で受け取った転出証明書を14日以内に提出してください。

新電話番号を通知

新しい電話番号が決まったら管理会社にお知らせください。

運転免許証住所変更

最寄りの警察署へ免許証と住民票を持参し、15日以内に手続きをしてください。

金融機関への住所変更

「銀行預金」「郵便貯金」「保険」「各種カード」等、それぞれに手続きをしましょう。

賃貸物件をお探しなら

沿線・駅から探す     エリアから探す     地図から探す

賃貸生活Q&A
印刷用チェックリストはこちら

印刷用データの閲覧にはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからAdobe Readerをダウンロードしてください。

印刷用ページを開く

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る