1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 生産緑地地区

【生産緑地地区】| 不動産用語集

生産緑地地区

読み方:せいさんりょくちちく
都市計画法に基づく地域地区の一種。

市街化区域内にある農地等(酪農・林業・漁業の用に供されている採草放牧地、森林や池沼等も対象となる)が持っている農業生産活動等に裏付けられた緑地機能に着目して、公害又は災害の防止、農林漁業と調和した都市環境の保全などに役立つ農地等を計画的に保全して、良好な都市環境の形成を図る都市計画の制度である。

生産緑地地区に指定されるには、面積が500m2以上であること、農業等の継続が可能であること、農地等の所有者など関係者全員の同意が得られていること等の一定の要件がある。

生産緑地地区に指定されると、大都市圏でも固定資産税宅地並み課税がされず、農地課税になり、相続税の納税猶予・免除制度も適用されるなど、税制上の優遇措置がある一方、建築物その他の工作物の新築改築又は増築、宅地の造成、土石の採取その他の土地の形質の変更などに許可を要するなど、一定の行為の制限がある。

なお、生産緑地地区の区域の指定は都道府県又は市町村で確認することができる。また、生産緑地地区が都市計画で定められたときは地区内に標識が設置される。
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る