1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. スキップフロア

【スキップフロア】| 不動産用語集

スキップフロア

読み方:すきっぷふろあ
  1. 敷地が傾斜地などの場合や、ガレージの上部空間を有効活用するために、上下の階の中間に居室を設けること。室内に段差が生じるため、バリアフリーには適さない。

    スキップフロア 1のパターン

  2. 共同住宅の共用廊下を1階おき又は2階おきに設置する方法で、エレベーターの停止階と通過する階があり、停止しない階の住戸に行くには一旦上下の階でエレベーターを降りて、階段で自分の階に上がり下がりする。廊下のない階ではプライバシーが確保でき、通風もよいというメリットがある反面、身障者、高齢者には階段が負担となるなどのデメリットもある。

    スキップフロア 2のパターン

住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る