1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 建築関連用語

【建築関連用語】| 不動産用語集

RC

読み方:あーるしー
Reinforced Concrete」の頭文字。鉄筋コンクリート構造。

アウトフレーム工法

読み方:あうとふれーむこうほう
マンションの建築工法のひとつで、柱や梁などのフレームを室外に出す設計のこと。アウトポールともいう。

ラーメン構造の場合は、柱や梁が室内側にでっぱり、デットスペースを生み出してしまう。この短所を解消したのがアウトフレーム工法である。

つまり、柱や梁を住戸の外側に出してしまえば、住戸の室内には柱や梁の出っ張りはなくなるから、部屋を有効に使える。

バルコニー側と開放廊下側の両方に柱型はあるが、バルコニー側を外に出すケースが一般的。

アウトフレーム工法の図

アパート

読み方:あぱーと
アパートメント-ハウス(apartment house)の略。一棟の建物の内部をいくつかに仕切り、それぞれ独立した住居として貸すもの。共同住宅。

わが国では1階建てもしくは2階建ての共同住宅で、建築構造が木造または軽量鉄骨構造のものを指すことが多い。

雨どい

読み方:あまどい
屋根を流れる雨水を地上や下水に導くための溝形や管状の部材のことで、建物の内部をはわす内樋と、外部をはわす外樋がある。

形状は角形や丸形があり、素材は銅板、亜鉛鉄板、カラー鉄板、硬質塩化ビニールなどがある。

枯葉やゴミ、ホコリなどが堆積することで雨樋が詰まり、破損することもある。また、あふれた雨水が建物の外壁を汚す場合があるので、定期的に清掃などのメンテナンスが必要である。

アルコーブ

読み方:あるこーぶ
不動産の広告等で、マンションにおいて各住戸の玄関前の廊下のくぼみ状になった部分をいう。本来は壁面の一部に造られたくぼみ又は壁面全体を後退させて造られた書斎等に使用される空間をいう。

アルコーブの図

ウッドデッキ

読み方:うっどでっき
地面より一段高く、建物の前に張り出して設けるテラスのうち、木製床のものが「ウッドデッキ」と呼ばれる。

使用部材としてはレッドウッド、レッドシダー材などが使われ、防腐処理することにより耐候性に富む。

アウトドアリビングの空間ために使われる。

ウッドデッキの図

ALC

読み方:えーえるしー
Autoclaved Light Weight Concrete」の頭文字を取ったもので軽量気泡コンクリートのこと。断熱性・耐火性に優れ、住宅の外壁や間仕切りに用いられることが多い。

エクステリア

読み方:えくすてりあ
建築物の外回りの、門・塀・物置・カーポート等の総称。

SRC

読み方:えすあーるしー
Steel Reinforced Concreteの頭文字をとったもの。鉄骨鉄筋コンクリート構造のこと。

LDK

読み方:えるでぃーけー
リビングダイニングキッチンのことで、リビングは「居室」、ダイニングは「食事室」、キッチンは「台所」である。

DKとの違いは広さだが、表記する際の決まりはなく、一般的に8~10畳以上の広さであればLDK、それ未満だとDKと表記されている。

エントランス

読み方:えんとらんす
建物の入口、玄関のことであるが、一般的には、マンションや公共施設など、比較的大きな建物の玄関部分をいうことが多い。

建物の正面玄関に設けられた広場を「エントランスホール」とも呼ぶ。

踊り場

読み方:おどりば
階段の途中に設けられた平坦な小空間のこと。転落を止める場所として危険防止のために設けたり、小休止のために設ける。また、階段の方向転換のために設けられる。

幅と奥行き、段の高さの最大・最小寸法については、建築基準法に規定がある。

カーテンウォール

読み方:かーてんうぉーる
構造耐力を負担しない外壁のことをいう。「CW」と略される場合もある。

建物の高層化にともない、外壁自体の重量が設計上無視できない問題となり、また高層建築で柔構造(地震の揺れに抵抗せずに、しなって地震力を吸収するような建築構造)が採用されると、地震の際に壁面の変形によりガラスが飛散することが問題となった。

その解決策として、建築物荷重を支える構造は柱と梁によるものとし、外壁はそれらの構造物にはり付ける工法が開発され、外壁重量の軽量化や建物のしなりによるゆがみの影響を極力小さくすることが可能となった。

ハニカムアルミパネルや、ガラスカーテンウォール、チタンパネル、セラミックパネル、プレキャストコンクリートカーテンウォールなどのさまざまな製品が登場している。

開口部

読み方:かいこうぶ
壁や屋根に設けられた、開閉可能な窓や出入り口のこと。換気、通風、通行、採光などのために取り付けられる。

改築

読み方:かいちく
建物の全部または一部を新しくつくりなおすこと。

建築基準法では、改築も建築に含まれるので、改築をする場合でも建築確認を申請する必要がある。

矩計図

読み方:かなばかりず
建物の垂直方向の断面を詳細に表した図面で、軒先を含む代表的な外壁部分の垂直断面を描いたもの。

建物の各部分の標準的な高さや仕様を示すために、下地の寸法や細部の納まりまでも詳細に記入されている。

平面図とともに建物を施工する上で重要な設計図の一つである。

壁式鉄筋コンクリート構造

読み方:かべしきてっきんこんくりーとこうぞう
柱、梁を設けず、基本的に壁だけで荷重を支えるような鉄筋コンクリート構造。主として、低中層の共同住宅などの建築に用いられる。

柱・梁がないため、建物の内部空間が広く使用できるというメリットがあり、また骨組構造に比較して経済的であるとして普及しているが、反面、柱・梁がないため階数に限界があるとされ、高層建築には不向きである。

壁式鉄筋コンクリート構造の図

基礎

読み方:きそ
建築物の構造躯体から、地盤に応力を伝達するために設けられた支持構造の総称。

直接基礎と杭基礎に大別される。

直接基礎には、独立基礎、布基礎、べた基礎などがあり、杭基礎はその支持機能により、支持杭と摩擦杭に分けられる。

京間

読み方:きょうま
主に近畿地方以西で使用される柱間寸法。土地・建物の基準となる1間(いっけん)の長さや畳の大きさは、地域によってかなり異なり、その代表的なものが京間、関東間である。

京間の大きさは191cm×95cmと関東間よりも大きい。

最近は91cmを基本モジュールとする木造建築が大半となり、ベニヤ板やボードも現在ほとんど182cm×91cmのサイズで作られている。

杭基礎

読み方:くいぎそ
支持地盤が地表面から深い位置にある場合に採用される基礎。

直接基礎では十分に建物を支持できない場合に用いられる。

杭基礎には、支持地盤まで届く杭によって建築物を支持する方法(支持杭基礎)と、杭自体は支持地盤まで届かないが、杭周辺の摩擦力で建築物を支持する方法(摩擦杭基礎)、またはそれらを併用する方法がある。

杭基礎の図

クッションフロア

読み方:くっしょんふろあ
クッション性のある床材の総称。プラスチック系床材のうち、塩化ビニル系床材であって、表面層と裏打ち層の間に発泡層をはさんでいる厚さ2ミリ前後のプラスチックシートのことを指す。

比較的安価で、施工も簡単な床材である。保温性・衝撃吸収性があり耐久性・耐水性にも優れているので、キッチンや洗面室・トイレなどの水まわりによく用いられる。

クラック

読み方:くらっく
亀裂

グルニエ

読み方:ぐるにえ
フランス語で屋根裏部屋のこと。小屋裏、ロフト、アティックもほぼ同じ意味で用いられる。

小屋裏は収納スペースにしたり、書斎やアトリエなどに利用が多く、2畳~3畳以上のものがよく見られる。

また、小屋裏は断熱性や風通しが悪いことがあるので、快適に使用できるようにするには、断熱性の確保や換気対策のほか、照明などを設置するとよい。

クロス

読み方:くろす
仕上げのときに壁や天井に張るビニール製や布製、和紙製などの装飾用壁紙のこと。

欠陥住宅

読み方:けっかんじゅうたく
住宅としての定義上、必要充分条件となる機能や、安全性を欠いた住宅のこと。

具体的には、構造上の安全性や耐火・防火上の安全性について建築基準法の内容を満たしていなかったり、あるいは雨漏りがする、ドアや窓が閉まらない、床や外壁が傾いているなどといった住宅があげられる。

結露

読み方:けつろ
空気中の水蒸気が、気温が低下して空気中に飽和できなくなって露を結ぶようになる現象。

住宅の床・壁・天井や窓ガラスなどに結露すると(これを表面結露という)、カビや汚れの原因になる。また、断熱材や構造部材などに結露すると(これを内部結露という)、断熱性能はゼロ状態になるし、建物の耐久性を著しく低下させることになる。

結露を防止するには、壁の断熱性をよくすること、室内の空気の循環を良くして、部分的な高湿度の空気部分をつくらないこと等が必要である。

建築士

読み方:けんちくし
建築士法による免許を得て、建築物の設計、工事監理などを行う技術者。

設計できる範囲によって「一級建築士」、「二級建築士」、「木造建築士」に分けられている。

建築面積

読み方:けんちくめんせき
建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積。いわゆる「建坪(たてつぼ)」のこと。

ただし1メートル以上突き出たひさしや軒等がある場合には、そのひさし、軒等の先端から1メートル後退した線までの部分のみを建築面積に算入することとなっている。

構造耐力上主要な部分

読み方:こうぞうたいりょくじょうしゅようなぶぶん
構造耐力上主要な部分とは、、基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材(筋かい、方づえ、火打材その他これらに類するものをいう。)、床版、屋根版又は横架材(梁、けたその他これらに類するものをいう。)で、当該住宅の自重若しくは積載荷重、積雪、風圧、土圧若しくは水圧又は地震その他の震動若しくは衝撃を支えるものをいう(住宅の品質確保の促進等に関する法律施行令5条1項)。

構造耐力上主要な部分については、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)で新築住宅に関する10年間の瑕疵担保責任が義務付けられている(住宅の品質確保の促進等に関する法律94条、95条)。

小屋裏

読み方:こやうら
屋根と天井との間にできる空間のこと。通常は天井板によってふさがれているが、屋根裏部屋や収納として利用される場合もある。

サービスルーム

読み方:さーびするーむ
建築基準法の採光や換気の基準を満たしていない居室以外の部屋。収納スペース等としての使用が望ましい。

通常は納戸として建築確認を受けている。間取り図上ではsや納戸で表示することが多い。

サービスルームの図

サイディング

読み方:さいでぃんぐ
外壁に張る乾式の板状の外装材の総称。

本来は外壁に張る木板材を指すが、近年はセメント系、セラミック系、金属系のものなど、工業製品化したものが一般化してきた。

意匠性、耐久性、断熱性、防火性などに優れたものが開発されており、色柄などデザインが豊富で、比較的安価なため、多くの住宅の外壁として使用されている。

軸組

読み方:じくぐみ
建物の土台、柱、梁、桁、筋かいなどから構成される骨組みのこと。

軸組の図

地鎮祭

読み方:じちんさい
土木・建築などの起工に先だち、その土地の神を祭り、工事の無事を祈る儀式。神道に基づくものが一般的だが、仏教式やキリスト教式などもある。

地鎮祭の図

ジャロジー

読み方:じゃろじー
細長いガラス板を横に並べ、その角度を変えることで通風を調整できる小窓のこと。外部からの視線をさえぎる効果があること、狭い空間でも開閉がしやすいことから、浴室や洗面室、トイレなどに設置されることが多い。

ジャロジーの図

集成材

読み方:しゅうせいざい
ラミナと呼ばれる挽板(ひきいた)を、繊維方向をそろえて接着した積層材。

天然材と比較して、強度性能が高く欠陥が少ない、均一な材を造ることが可能であり、大断面で長尺の材が得られるとともに、湾曲材も容易に製造できるという長所がある。

このため、体育館、美術館、学校等をアーチなどによる大スパン構造として建築するのに用いられている。

ただし、天然材よりも製造コストがかかる。

集成材の図

新築

読み方:しんちく
一般的な意味は、新しく建物を建てること、また、その建物のこと。

不動産広告において新築として表示できるのは、建築後1年未満で、かつ、使用されたことのないものである(不動産の表示に関する公正競争規約18条1号)。

この場合の建築経過年数の起算点は、建築工事が完了した時点であり、同規約18条6号によれば、建物の建築工事の完了は、「建物をその用途に従い直ちに使用することができる状態に至ったとき」と定義されている。例えば、住宅であれば家財道具を持ち込めば直ちに生活できるという状態である。

スキップフロア

読み方:すきっぷふろあ
  1. 敷地が傾斜地などの場合や、ガレージの上部空間を有効活用するために、上下の階の中間に居室を設けること。室内に段差が生じるため、バリアフリーには適さない。

    スキップフロア 1のパターン

  2. 共同住宅の共用廊下を1階おき又は2階おきに設置する方法で、エレベーターの停止階と通過する階があり、停止しない階の住戸に行くには一旦上下の階でエレベーターを降りて、階段で自分の階に上がり下がりする。廊下のない階ではプライバシーが確保でき、通風もよいというメリットがある反面、身障者、高齢者には階段が負担となるなどのデメリットもある。

    スキップフロア 2のパターン

筋かい

読み方:すじかい
地震や風などの外力に対し、建物の軸組を強化するためにいれる斜め材。「筋交い」「筋違い」とも表記する。

筋かいを入れることによって、軸組が水平方向の力に対抗できるようになり、構造強度が増す。

建築基準法施行令45条では、筋かいの基準が設けられている。

筋かいの図

スラブ

読み方:すらぶ
原義は、材木の平板や石板のこと。建築関係では床版のことを指し、一般的には鉄筋コンクリート構造の床の荷重を支える床のことをいう。

建築基準法施行令77条の2第1項では、鉄筋コンクリート構造の構造耐力上主要な部分の床版は8cm以上と定められているが、床を通して上下階に響く騒音を防いで遮音性を高めるために、最近は18~22cm程度が一般的になってきている。

スラブの図

スロープ

読み方:すろーぷ
一般的には傾斜の意味、建築学上では「斜路」をいう。段差を階段であがるのではなく、ゆるい傾斜にした通路にすることによって、身体障害者の車椅子等での通行が可能になる。

不特定多数が利用する公共施設やホテル、ビルなどにはスロープの設置が義務づけられている。

制震構造

読み方:せいしんこうぞう
地震による建物の揺れを制御するための装置やそれを備えた建築構造のことをいう。

アクティブ制震(能動的制震)とパッシブ制震(受動的制震)に大別される。

アクティブ制震は、建物の揺れを素早く感知して揺れの抑止力を計算し、外部動力で揺れを制御する方法である。

パッシブ制震は、釣鐘状の制震装置等の惰性力で振動エネルギーを吸収する方法である。

施工管理

読み方:せこうかんり
工事が始まってから建物が完成するまでの間のすべての管理をいう。単に当初立てた工程どおりに工事が進行するように工程管理を行うのみならず、図面や仕様書、役所との協議事項、建築主との打ち合わせによる変更、修正事項等の内容に合致した工事を行っているか、品質は設計内容と合致しているか、工事を進めていく過程で安全面での確保が配慮されているか、また工事費のコスト面で適正にコントロールされているかなど、工程管理、品質管理、安全管理、コスト管理等の管理を施工管理という。

設計図書

読み方:せっけいとしょ
建築物や工作物の工事施工や法的出願、契約などに必要な図面その他の書類の総称。

平面図や立面図などのいわゆる設計図のほか、内外装などの下地・仕上げなどを記した仕上げ表、図面では表せない工事方法について指示する仕様書、確認申請図書などがある。

これらの書類は、経年に伴う改修・改築等の際に必要なものであるため、建築主は必ず保管しておく必要がある。

石膏ボード

読み方:せっこうぼーど
石膏を心材とし、両面をボード用原紙で被覆した板のこと。加工性、耐火性、遮音性に優れ、主に壁や天井の内装の下地材として使用される不燃材料である。プラスターボードとも呼ばれる。

住宅では、この石膏ボードの上にビニールクロスなどの仕上げ材を張る。

増築

読み方:ぞうちく
すでにある建物に付け加えて建築すること。

建築基準法では、増築も建築に含まれるので(建築基準法2条13号)、増築をする場合でも建築確認を申請する必要がある(同法6条)。

外断熱

読み方:そとだんねつ
建物の外部側に断熱層を設ける工法のこと。

構造躯体の外側に断熱材を張れば、外壁は室内側に近い温度になり、外気の影響を受けにくく、劣化も進みにくくなり、また、結露防止の面でも効果が高い。

さらに、建物の構造体が蓄熱体となり室内温度を適正に保つためのエネルギー消費も少なくてすむため経済効果にも優れている。

従来、わが国ではほとんどの建築物で内断熱工法が採用されてきたが、近年は断熱効率を上げるために外断熱工法を採用するケースが増えている。

外断熱の図

耐震構造

読み方:たいしんこうぞう
柱や梁を太く、壁を厚くすることで地震の力に対抗する構造であり、建物全体で地震を受け止める。

ただし、大地震時には、構造物が崩壊しないことを前提に、部分的に壊れることを許容した構造で、強く造れば造るほど建物は強い地震力を受け、家具等の転倒が起こりやすくなる。

耐震壁

読み方:たいしんへき
建築物の構造体の壁のうち、地震力に対してのみ抵抗する壁のことをいい、「耐力壁」とは区別される。

耐震壁を建物の形状などに応じてバランスよく配置することで、建物の耐震性を高め、柱、梁の負担を軽減することができる。

タウンハウス

読み方:たうんはうす
連棟式の低層集合住宅で、各戸が土地に接し、10~20戸のグループごとに、建物に囲まれたコモンスペース(共同空間)を共有する。

マンションとの違いは、共用廊下や共用階段といったものがなく、それぞれの住戸の玄関が独立して敷地に面していることである。

また、戸建てとの違いは、土地・建物の権利が異なるということである。各住戸は区分所有、土地は共有であり、各住戸の専有面積の割合により土地の持ち分があるということになる。

ダクト

読み方:だくと
冷暖房した空気や、換気した空気を送る管路、風道のことをいう。天井などにダクトスペースを持ち、各室に分配する。

亜鉛鉄板製が加工しやすく一般的だが、最近は蛇腹のプラスチック製のダクトも使用されている。

たたき

読み方:たたき
土と石灰とにがり(塩化ナトリウム)を混ぜ、叩き固めて仕上げる土間工法で、通常、土を使うが、珪藻土や漆喰を使うこともある。現在では、コンクリート仕上げの土間、玄関の土足のスペースのことも、この名で呼ぶことが多い。

元来の製法が3種類の材料を合わせることから、漢字では三和土と書く。

建具

読み方:たてぐ
戸・障子・襖など、建物と外部、また建物の内部を仕切るためにもうけた開閉できるもの。種類としては木製建具、スチールサッシ、アルミサッシ建具などがある。

建物の開口部に用いられるため、防火区画、延焼のおそれのある部分、避難階段などに設ける建具は防火戸とするか網入りガラスにする必要がある。

2×4(ツーバイフォー)工法

読み方:つーばいふぉーこうほう
北米で生まれ発達した工法で、日本では「枠組壁工法」という呼び方が正式名称となっている。

建物の躯体を構成する部材のうち、2インチ×4インチの断面の部材を多用することから、2×4(ツーバイフォー)工法の呼び方が一般化している。

主として住宅用に用いられている。

この工法は規格化された構造用製材でつくった枠組みに、構造用合板などの面材を打ち付けたパネルで床、壁、屋根を箱状に構成する構造である。

これにより、壁そのものが垂直方向と水平方向の強度を持つことができる。

2×4(ツーバイフォー)工法の図

DK

読み方:でぃーけー
ダイニングキッチンのことで台所兼食事室。

LDKとの違いは広さだが、表記する際の決まりはなく、一般的に8~10畳以上の広さであればLDK、それ未満だとDKと表記されている。

鉄筋コンクリート構造

読み方:てっきんこんくりーとこうぞう

鉄筋は引張力に強く、コンクリートは圧縮力に強いという両者の利点を生かし、鉄筋でコンクリートを補強した構造のこと。

自重が大きいため、原則的には大空間建築や高層建築に向かず、多くは中層建築物の建設に用いられる。

鉄骨構造

読み方:てっこつこうぞう

建築物の柱、梁などの主要な構造部分を鉄製や鋼製の部材を用いる建築の構造のこと。S造ともいう。

鉄骨鉄筋コンクリート構造

読み方:てっこつてっきんこんくりーとこうぞう

骨組みを鉄骨でつくり、その周囲に鉄筋コンクリートをかぶせてその主要な構造部分をつくる建築方式。

比較的小さい断面で、強い骨組を作ることができ、粘り強さもあるため、高層建築に多用されている。

出窓

読み方:でまど
建物の外壁面から外側へ突き出して造られた窓。

出窓の下端をカウンタースペースとしたり、空間が広く見えるといったメリットがある。また、出窓外部の下部にエアコン室外機などを設置したり、出窓を床までつくる場合などは下部を収納にしたりするなど、さまざまに利用できる。

建築基準法では、外壁から外側に突き出した長さが50cm未満であれば、この突き出し部分は床面積から除外することとしてので、出窓の突き出しは50cm未満であることが多い。

テラス

読み方:てらす
建物から床と同じ高さで庭や街路に向けて張り出して、コンクリートやレンガ等を敷き詰めた場所。日本語でいう露台のこと。

テラスの図

テラスハウス

読み方:てらすはうす
長屋建て、連続建てともいわれ、各戸が土地に定着し、共用の界壁で順々に連続している住宅のこと。

界壁を共用している分だけ一戸建てよりも効率的に建築できる。

土地の所有形態は一戸建てと同じように独立した所有権になり、専用庭も持っているので独立住宅の性格がある。

1戸1戸に分けて新築一戸建てとして分譲されるよりも、戸建て形式の賃貸住宅として供給されることのほうが一般的である。

DEN

読み方:でん
巣、ほら穴を意味する英語から派生し、一般的には書斎や趣味を楽しむための部屋という使われ方をする。

広さや形状の明確な基準はなく、プライバシーの高い隠れ家的な用途の部屋を指す。

天袋

読み方:てんぶくろ
天井面に接して造られる吊り戸棚、または、和室の押入れの上部に設置されている収納スペースのこと。

高い場所のため、ほとんど日常的に使わないものや、季節毎に変わる洋服や捨てられない思い出の品などをしまっておくには便利な収納スペースである

天袋の図

独立基礎

読み方:どくりつきそ
1本ずつの柱の位置に単独で設けられた基礎のこと。「独立フーチング基礎」ともいい、フーチング(基礎の広がり部分・底盤)が、無筋コンクリートまたは鉄筋コンクリートの直方体や四角錐の形をしている。

加重の余りかからない柱や地盤が強固な場合に用いられる方法だが、一般の住宅では殆ど用いられることはない。神社仏閣などのような大きな建物の一部や、庭の一部としての小さな建物や物置などに使われる方法である。

戸袋

読み方:とぶくろ
雨戸を開けた時に収納しておくために、縁側や窓の敷居の端に作られる箱状の造作物のこと。

土台

読み方:どだい
構造躯体の最下端に設けられる構造材で、通常、基礎の上に寝かせて、アンカーボルトによって取り付けられる材料。

建築構造躯体は、この土台の上に建てあげられる。

柱から受けた荷重は、土台を通じて基礎へと伝えられる。

納戸

読み方:なんど
衣類・調度類を収納する空間で、住宅内の物置。

また、建築基準法では居室の採光基準や最低限の天井高、換気など、さまざまな規定が設けられている。そして、住宅の居室としてこれらの基準を満たさない部分は納戸等として建築確認を受けることになる。

不動産の表示に関する公正競争規約では、当該部分を納戸、サービスルーム(納戸)等と表示しなければならないとしている(不動産の表示に関する公正競争規約15条26号)。 

二世帯住宅

読み方:にせたいじゅうたく
親世帯と子世帯が一緒に住むことを目的に建てられた住宅。親子同居とは異なり、家計を別にして2組の家族の独立性を前提とした住宅である。

形状的にはいくつかのパターンがあり、それぞれのライフスタイルに合うものとするが、典型的なものは双方の家族が自分の家族だけで生活していけることを条件として、それに必要なすべての部屋、設備等を2組そろえるものである。 

布基礎

読み方:ぬのきそ

直接基礎の一種で、建物の土台に沿って連続して設けられた帯状の基礎のこと。断面が逆T字形になる。

「布」は、建築用語で水平に連続していることを意味し、フーチング(基礎底盤)がつながっていることから「連続フーチング基礎」ともいう。

一戸建て住宅でもっとも普及している基礎である。

パース

読み方:ぱーす

Perspectiveの略で、透視図のこと。

一定の図法により建物の外観や内観を立体的に描いたもので、平面図よりもイメージを把握しやすい。

建物の立面を描いた外観パース、室内を描いた内観パースがある。

建築物の完成予想図や、青田売りのマンション等未完成物件の広告によく利用されている。

パティオ

読み方:ぱてぃお

スペイン風の中庭のこと。一般的には、多彩なタイル張りの床、噴水、植木などで構成されている。

住宅の内部空間と一体的に使用することを意図して計画された中庭で、食堂や応接室、居間などに連続した屋外空間である。

幅木

読み方:はばき

床と壁が接する部分、壁の最下部に帯状に取り付けられる仕上げ材のこと。壁の最下部を物がぶつかる等の損傷や汚染から保護し、床の納まりをよくする。

幅木の素材には、木、石、人造石、モルタル、陶磁器、タイル、樹脂、金属などが使用される。

はめ殺し窓

読み方:はめごろしまど

開閉できない、枠に直接ガラスなどが固定された窓。フィックス窓ともいう。採光だけを要求される開口部に用いたり、庭の樹木など外部空間を借景として取り込むのに利用したりする。

はめ殺し窓は枠の形状がシンプルなため、意匠上さまざまに工夫した形状のものも多く、価格も安くすむという利点があるが、ガラスの外側は室内から掃除できないのが難点である。

また、断熱ガラスを使用しない場合は、室内側の結露対策も必要となる場合がある。

読み方:はり

木造建物の構造部材のひとつで、柱と柱の間をつなぐ水平材。三角形の小屋組みの底辺となり、小屋組みを支える小屋梁と2階の床を支える床梁(2階梁)とがある。

屋根(小屋)または床版の応力を、柱又は耐力壁に伝達する重要な構造部材である。

バリアフリー

読み方:ばりあふりー

一般的には、高齢者や身体障害者などのハンディキャップがある人々が、生活するうえで行動の妨げとなる障害を取り除くこと。

住宅でいえば、床や出入り口の段差を解消したり、階段に手すりを設置したり、廊下の幅をを広げたり、浴室を広くして手すりを設置したり、ホームエレベーターを設置する等のことをいう。

このように、障害を除去した住宅をバリアフリー住宅という。

バルコニー

読み方:ばるこにー

室内空間の延長として利用できるよう、外壁から張り出した形で設けられた手すり付きの露台のこと。

ベランダと同義で用いられることもあるが、通常バルコニーには屋根がなく、ベランダには屋根があるものとされている。

区分所有建物(分譲マンション等)に付いている場合は、専有部分ではなく共用部分の専用使用部分であり緊急時の避難通路になるので、物置を置いたりして、避難の邪魔になるような使い方は制限される。

PC造

読み方:ぴーしーぞう

Precast Concrete造の略で「プレキャスト」は前もって鋳型にはめて製造するという意味である。

つまり、工場生産した鉄筋コンクリートパネルを面材として建物を建築する工法で、鉄筋コンクリート造の枠にPC板を接合させたものを「PC造」という。

現場での工期がいわゆる現場打ちに比べて大幅に短縮できるとともに、狭い現場にも対応できる点が特徴である。

Pタイル

読み方:ぴーたいる

タイルのように薄い板状になったプラスチック系の床材のこと。主に塩化ビニル系のもので硬く、30cm四方程度の大きさのものが一般的である。プラスチックタイルともいう。

Pタイルは、硬質で耐久性・耐磨耗性、耐水性に優れており、学校、オフィス、商業施設で多用されている。また、住宅の場合は、キッチンや洗面室、トイレなど、水ハネが気になる場所に用いられる。

ビルトイン

読み方:びるといん

建築段階からあらかじめ家具や設備がつくり付けられていること。ビルトイン収納、ビルトインエアコンなど、さまざまなものがある。

意匠上見栄えがよく、室内空間を十分利用することができる。

ファサード

読み方:ふぁさーど

建物正面の外観のこと。

道路側から見たときの建物の外観で、いわば、その建物のもっとも見せ場となる「顔」ともいえる部分である。

不特定多数の眼に触れるので、周囲の建物や環境との調和が必要となり、建築デザインの面ではとても重要な要素である。

吹抜け

読み方:ふきぬけ

2階以上貫通して床を設けず、上下に連続している空間のこと。

階段室部分は機能上も吹抜け空間となる。

風や熱の吹き抜けが容易で、また遮蔽するものがないために、開放的で快適な空間を生み出す。

アトリウムによって大きな空間を吹抜けでつくることもある。

不燃材料

読み方:ふねんざいりょう

防火材料のうちで、最も防火性能が高く、いくつかある防火材料の試験のうち最も厳しい試験に合格したものである。

通常の火災時に、加熱が始まってから20分以上は燃焼しないことが求められ、また外部仕上げは、変形・溶融・亀裂が起きないこと、内部仕上げは避難にあたって有害なガスや煙を発生しないことなども条件に入る。

建築基準法2条9号に規定された材料のほか、上記の試験に合格したものについて、国土交通大臣による不燃材料の認定が行われている。

代表的な不燃材料としては、コンクリート、モルタル、れんが、瓦、鉄鋼、アルミニウム、ガラス、しっくい等がある。

プレキャストコンクリート

読み方:ぷれきゃすとこんくりーと

あらかじめ工場で成型加工したコンクリート部材のことで、壁、床、基礎、柱など、さまざまな建築用部材を事前に成型加工して作成したもの。

現場でコンクリートを流し込む現場打ちコンクリートに対して、プレキャストコンクリートは工場で生産されるため、一定以上の品質を確保したり、安定した供給が可能になる。

また、建築に要する時間とコストを大幅に削減することが可能となった。

プレハブ住宅

読み方:ぷれはぶじゅうたく

部材をあらかじめ工場で製作し、現場ではその組立てを行う工法のことをプレハブ工法といい、その工法で造った住宅をプレハブ住宅という。

プレハブはプレファブリケイト(事前作成)を縮めた日本語で、プレファブリケイトの程度によって、多種多様なものがある。

建築生産の合理化、省力化による質の均一性、精度の向上、工期の短縮をはかり、工場生産により価格が抑えられることなどの特徴がある。 

フローリング

読み方:ふろーりんぐ

木板や木質材料による床板のこと。

ブナ、ナラ等の広葉樹材を幅10cm程度の板材としている。

フローリングは掃除がしやすく、ダニを低減できる等の長所があるが、下階に床衝撃音が響くという短所があり、下地に緩衝材を敷き詰める等の防音対策が必要である。

フローリングの図

ペアガラス

読み方:ぺあがらす

複層ガラス、二重ガラスのこと。二層のガラスの間には、空気、アルゴンガス、真空などの構造のものがある。

遮音性・断熱性を高める効果があり、結露を防ぐ性能をもつタイプもある。

べた基礎

読み方:べたきそ

直接基礎の一種で、建物の底面全体にわたってコンクリートスラブ(床板)を敷きつめる基礎のこと。

「べた」は、建築用語で全面にコンクリートを打設することを意味する。

やや地盤の弱いところでも不同沈下を起こしにくいというメリットがあり、また、床下からの熱漏出を少なくするする場合、床版工事費全体の削減を図ろうとする場合、床暖房をしようとする場合等、多くの利益がこの基礎を採用することによって得られる。

ベランダ

読み方:べらんだ

家屋に沿って張り出した縁。日本語でいう縁側とか濡縁に当たる。

バルコニーと同義で用いられることもあるが、通常バルコニーには屋根がなく、ベランダには屋根があるものとされている。

ベランダの図

ホルムアルデヒド

読み方:ほるむあるでひど

合成樹脂や接着剤に含まれるVOC(揮発性有機化合物)の一つ。ホルムアルデヒドが一定の割合で水に溶けたものをホルマリンという。

空気中に拡散し、多量に吸い込むと中毒を起こす。

また、ホルムアルデヒドは建材や家具に多く使用されており、シックハウス症候群を引き起こす主要な原因物質のひとつであると言われている。

最近ではホルムアルデヒドを使わないノンホルマリン接着剤が使われるようになってきている。

本下水

読み方:ほんげすい

敷地内で雑排水等を処理する個別浄化槽に対し、公共の下水道管(汚水管)の俗称。

間口

読み方:まぐち

敷地や建物の主要な方向(通常は前面道路に面している方向)から見た時の幅のこと。

一般的に敷地や建物は、間口が広いほうが使いやすいといわれ、価格などの評価も高くなる傾向にある。

間仕切り壁

読み方:まじきりかべ

建築物の内部空間を仕切るための内壁のことであり、通常は非耐力壁である。内壁カーテンウォールということもある。

間仕切り壁には、固定式のものと可動式のものがある。

免震構造

読み方:めんしんこうぞう

地震による建物の揺れ、破壊を防ぐため、地震力が直接建物に伝わらないように、建物と基礎との間に積層ゴムやダンパー等の装置を設置する構造のこと。

免震構造とすることで、地震時に建物にかかる水平力は、在来構造に比べて5分の1~3分の1にまで低減することができる。

マンションでの採用が多かったが、最近は一戸建て住宅に採用するケースも多く、今後さらなる増加が予想される。

木造

読み方:もくぞう

柱、梁、桁などの建物の主要構造部を木材とした建築構造のこと。

モルタル

読み方:もるたる

セメントあるいは石灰と砂とを混ぜて水で練ったもの。砂利の入ったコンクリートと区別される。

壁の下地塗り・上塗りや、れんが・ブロックの目地塗りなどに用いる。施工しやすく、コストが安く、また防火性能があるので一般によく用いられている。

床下換気

読み方:ゆかしたかんき

建築基準法施行令22条では、「外壁の床下部分には、壁の長さ5メートル以下ごとに、面積300平方センチメートル以上の換気孔を設け、これにねずみの侵入を防ぐための設備をすること。」と定め、床下換気を義務付けている。

床下の換気は、木造建築においては重要な問題であり、床下の通気が悪く、湿気がたまってしまうようだと、土台が腐ったり、カビの温床となったりするという弊害があるからである。

床面積

読み方:ゆかめんせき

建築物の各階において、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の面積をいう。また、延べ床面積とは各階の床面積合計をいう。

開放されているピロティなどは、運用解釈によって床面積に含まれない場合がある。

ユニット工法

読み方:ゆにっとこうほう

あらかじめ工場で、住宅の外壁はもちろん、窓を取り付けたり、電気配線をし、内装など完成に近い状態まで仕上げた箱形のユニットを建設現場へ運び、組み立てて建築する工法。この工法で建てられた住宅はユニット工法住宅と呼ばれ、プレハブ住宅の一種である。

この工法は現場での工期が短いというメリットもあるが、間取りの変更が困難というデメリットもある。

養生

読み方:ようじょう

打ち込んだコンクリートやモルタルが十分に硬化するように、低温・乾燥・衝撃などから保護する作業のこと。

また、工事中に建物が汚れたり、近隣に塗料が飛散しないように覆いなどを掛けて保護することや、工事現場に必要となるさまざまな災害防止のための施設や処理のことを指していう場合もある。

ラーメン構造

読み方:らーめんこうぞう

柱や梁で建物を支える構造で、接合する部分がしっかり固定(剛接合)されているもの。

ラーメンとはドイツ語で枠のこと。地震力・風圧力など水平外力を柱と梁のみで受け止める。

鉄筋コンクリート造、鉄骨造が具体例で、中高層マンションで用いられることが多い。

耐力壁や筋かいを入れなくても、地震などの横揺れに耐えられる構造なので、壁のない自由な空間を作ることができるというメリットがある。

ラーメン構造の図

リノベーション

読み方:りのべーしょん

建物の更新のための大規模な工事。通常の修理よりおおがかりなもので、外壁の補修、建具や窓枠の取替え、設備の更新等を含む。

つまり、建物の持つ初期の性能以上の新たな付加価値を付け加え再生させることである。

リフォーム

読み方:りふぉーむ

手を加え改良し作り直すこと。住宅のリフォームといった場合、日本では増改築工事を指すが、これは和製英語で、英語では「リモデリング」という。

英語でリフォームというと、生活改善のような意味で使われる。

ルーバー

読み方:るーばー

壁や天井の開口部に、羽板を縦または横に組んで取り付けたもの。光や視線を遮りながら通風・換気が行える。ハンドル操作で可動できるタイプは、羽板の角度を動かして調節することで、換気や採光の量を調節する。

小さいサイズでも換気能力を確保しやすいためキッチンや浴室、トイレなどに使用されることが多い。

陸屋根

読み方:ろくやね、りくやね

屋根の勾配をほぼ水平にした屋根のこと。陸とは建築用語で、水平あるいは平坦のこと。

木造建築では、防水を考慮してあまり用いられないが、ビルやマンションに多く用いられる。

陸屋根の図

ロフト

読み方:ろふと

屋根裏部屋。工場・倉庫などの上階。また、倉庫などを改装したアトリエやスタジオなどもいう。

住宅でロフトというと、天井高を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースのことをさすことが多い。ロフトに上がるための専用のはしごや階段が設置され、寝室や書斎、収納スペースなど多目的に利用される。

ワイドスパン

読み方:わいどすぱん

住宅において間口が広い間取りのことをいう。スパンとは間隔、間のことで、柱や壁の間隔を広く取ることができれば、光や風を室内に取り込みやすくすることができるので、南面する部屋に採用するケースが多く見られるようになった。

厳密な長さの定義はないが、通常は間口6m程度が一般的なため、それよりも広い7~8m以上ならワイドスパンといっているようである。

ホームインスペクション

読み方:ほーむいんすぺくしょん

建物を精査し、劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務。目視による屋根、外壁から室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本である。

従来は、担保設定などのため建物を査定するとき、不動産鑑定士や建築士など専門の知識を有する人が建物に傷みはないか、居住レベルがどの程度かを調べることが多かった。

これに対し、近年は新築・中古の住宅を購入する際、専門家(ホームインスペクター)に同行してもらい、建物を細かくチェックしてもらうケースが増えている。

エコハウス

読み方:えこはうす
地球温暖化防止等の地球環境保全を促進する観点から、地域の特性に応じ、エネルギー・資源・廃棄物等の面で適切な配慮がなされるとともに、周辺環境と調和し、健康で快適に生活できるよう工夫された住宅及び住環境のことを言う。環境共生住宅、環境負荷低減住宅、エコロジー住宅などともいわれる。

旧建設省(現国土交通省)では、平成11年3月に、地球温暖化防止のために、これまでの住宅の省エネルギー基準を改正して「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断と基準」及び「同設計及び施工指針」(通称、次世代省エネルギー基準)を定めた。

ペントハウス

読み方:ぺんとはうす

最上階のテラス付き高級住宅のこと。またわが国では、建築物の屋上に設けられた階段室、機械室などのことをいうこともある。

建築基準法では、ペントハウス(階段室、機械室等)の水平投影面積の合計が建築面積の8分の1以下のものは建築物の高さ及び階数に算入しない。

ログハウス

読み方:ろぐはうす

丸太材(ログ材)を用いた丸太組工法による建築物のこと。丸太自身が骨組になり、外装材・内装材も兼ねている。建築基準法では2階建てはできないため、平屋建てか、傾斜屋根の小屋裏空間を生かした2層式が主流である。

その用途は、住宅、別荘(セカンドハウス)、宿泊施設(コテージ・キャビン・バンガロー)、店舗、事務所、公園施設、バスストップ、販売所等とほとんどの用途に及んでいる。

復興支援・住宅エコポイント制度

読み方:ふっこうしえん・じゅうたくえこぽいんとせいど

住宅の省エネ化・住宅市場の活性化に加え東日本大震災の復興支援を目的として導入された制度。一定の要件を満たすエコ住宅の新築またはエコリフォームに対しポイントを発行し、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる。
なお、発行されるポイントのうち2分の1以上を、被災地の特産品や義援金などの復興支援商品に交換する必要がある。

1.ポイントの発行対象

(1)エコ住宅の新築

 平成23年10月21日から平成24年10月31日に建築着工※したもので次の[1]又は[2]に該当する新築住宅。

 [1]省エネ法のトップランナー基準(住宅事業建築主の基準)相当の住宅

 [2]省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

 ※建築着工とは、根切り工事又は基礎杭打ち工事の着工をいう。


(2)エコリフォーム

 平成23年11月21日から平成24年10月31日に工事着手※したもので次の[1]又は[2]に該当する改修工事。

 [1]窓の断熱工事

 [2]外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

 ※工事着手とはポイント対象工事を含むリフォーム工事全体の着手をいう。

2.ポイントの申請・交換期限

【ポイントの申請期限】

(1)エコ住宅の新築

一戸建て 平成25年4月30日まで
共同住宅等 階数10以下 平成25年10月31日まで
階数11以上 平成26年10月31日まで

(2)エコリフォーム

 平成25年1月31日まで
 ※ただし、耐震改修を行う共同住宅等の場合、階数に応じて申請期限が異なる。

階数10以下 平成25年10月31日まで
階数11以上 平成26年10月31日まで

【ポイントの交換期限】

・平成27年1月31日(エコ住宅の新築、エコリフォーム問わず)

3.発行ポイント数

(1)エコ住宅の新築

 
被災地※ 1戸あたり300,000ポイント
その他の地域 150,000ポイント
(太陽熱利用システムを設置した場合はそれぞれ20,000ポイント加算)
※「東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律」における「特定被災区域」。

(2)エコリフォーム(300,000ポイントを限度とする)

内窓設置・外窓交換
発行ポイント数 大(2.8m2以上) 18,000ポイント
中(1.6m2以上2.8m2未満) 12,000ポイント
小(0.2m2以上1.6m2未満) 7,000ポイント

ガラス交換
発行ポイント数 大(1.4m2以上) 7,000ポイント
中(0.8m2以上1.4m2未満) 4,000ポイント
小(0.1m2以上0.8m2未満) 2,000ポイント

外壁、屋根、天井、床の断熱改修
発行ポイント数 外壁 100,000ポイント
屋根・天井 30,000ポイント
50,000ポイント

バリアフリー改修
発行ポイント数 手すりの設置 5,000ポイント
段差解消 5,000ポイント
廊下幅等の拡張 25,000ポイント
ポイントの上限
50,000ポイントを限度とする。

住宅設備の設置
発行ポイント数 太陽熱利用システム 20,000ポイント
節水型トイレ 20,000ポイント
高断熱浴槽 20,000ポイント

リフォーム瑕疵保険の
加入
10,000ポイント
耐震改修※ 150,000ポイント
※耐震改修を行う場合は、30万ポイントの上限とは別にポイントが加算されます。

なお、確実なポイントの発行のため、復興支援・住宅エコポイントの発行申請に予約制度が導入された。

平成24年5月1日以降に復興支援・住宅エコポイントの発行申請を行う全住宅(新築・リフォームとも)について発行申請前に事前の予約が必要になる。

※ただし、平成24年4月30日までに工事が完了したものについては、同年5月31日までの1ヶ月間について現行通りの申請可。

予約申し込みの流れは下記のとおり。

  1. 建築確認(新築の場合)、工事契約締結(リフォームの場合)後、ポイント発行申請前までに郵送で予約申込み。
  2. 事務局からの予約通知(ハガキ)の発行を以て予約完了。
  3. 予約通知(ハガキ)を添付してポイント発行申請。

住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る