1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. 不動産用語集
  3. 専任の取引士

【専任の取引士】| 不動産用語集

専任の取引士

読み方:せんにんのとりひきし
宅地建物取引士には、事務所ごとに専任の状態で設置される成年者の取引士と、それ以外の取引士がある。専任といえるためには、その事務所に常勤している必要があり、パートはもちろん、兼業や兼任は原則禁止されている。また、未成年者は原則として専任の取引士にはなれない。

宅地建物取引業を営む事務所には、業務に従事するものの5人に1人の割合で成年者である専任の宅地建物取引士を置かなければならない(宅地建物取引業法15条)。

「業務に従事するもの」とは、宅地建物取引業を行っている者の他、事務員、運転手等も含むが、非常勤の役員やアルバイトは除かれる。
【外部リンク】
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る