1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 宅地建物取引業法

【宅地建物取引業法】| 不動産用語集

宅地建物取引業法

読み方:たくちたてものとりひきぎょうほう
昭和27年制定の法律で、宅地建物取引業を営む場合の免許制度、宅地建物取引主任者の設置の義務付け、宅地建物取引業の業務処理の規制、違反した場合の罰則などが規程され、その業務の適正な運営と宅地及び建物の取引の公正とを確保するとともに、宅地建物取引業の健全な発達を促進し、もって購入者等の利益の保護と宅地及び建物の流通の円滑化とを図ることを目的としている。

「宅建業法」と略称されている。
【外部リンク】
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る