1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 普通借地権

【普通借地権】| 不動産用語集

普通借地権

読み方:ふつうしゃくちけん

定期借地権に対する言葉で、平成4年8月1日施行された借地借家法で、更新のあるタイプの借地権をいう。

普通借地権は、借地借家法施行前の借地権を次のように改正したものである。

  1. 借地権の存続期間を当初は30年とし、更新後は第1回目に限り20年、以降は10年とした。
  2. 建物朽廃によって借地権が当然に消滅することとする制度を廃止した。
  3. 更新後の存続期間中に建物が滅失した場合には、その時点で以降の権利関係を調整することができることとした。
  4. 正当事由の内容について、判断の柱となる事項を明らかにした。
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る