1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 借家契約解除の正当事由

【借家契約解除の正当事由】| 不動産用語集

借家契約解除の正当事由

読み方:しゃっかけいやくかいじょのせいとうじゆう
期間の定めのない賃貸借契約を結んだときに、民法上は各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、建物賃貸借は3ヵ月後に契約終了する(民法617条)。

しかし、借地借家法では賃貸人から解約を申し入れた6ヵ月後に契約終了する(借地借家法27条)が、その場合正当な事由が必要とされている(同法28条)。

正当事由とは、社会通念上妥当と認められる事由のことであるが、具体的には、賃貸人及び賃借人が建物を必要とする事情のほか、建物の賃貸借の従前からの経緯や利用状況等によって判断され、立退料の提案も考慮される。

しかし、賃借人の建物を必要とする事情も大きく考慮され、そのバランスを勘案して総合的に判断される。
【関連用語】
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る