1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 抵当権の効力の及ぶ範囲

【抵当権の効力の及ぶ範囲】| 不動産用語集

抵当権の効力の及ぶ範囲

読み方:ていとうけんのこうりょくのおよぶはんい
抵当権の効力の及ぶ目的物の範囲は抵当不動産(抵当権が設定された不動産)のほかに、それに付加して一体をなした物にも効力が及ぶとされる(民法370条)。

なお、民法242条の付合物は付加物に含まれると解され、抵当権の効力が及ぶことは疑いがない。民法87条の従物に関しては、判例では従物を抵当権の効力が及ぶことを肯定している。

抵当権の効力が及ばないのは下記のような場合である。
  1. 抵当権設定契約において、付加物に抵当権の効力が及ばない旨の特約を当事者が結んだ場合。
  2. 債務者が他の債権者を害することを知りながら抵当不動産に物を付加させ、抵当権者もこのことを知っている(悪意)場合。
  3. 第三者が権原にもとづいて抵当権設定者の抵当不動産に自己の物を付属させた場合には、その物は第三者の所有権にとどまるので抵当権の効力はそれには及ばない。
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の中間法人対策

中間法人対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る