1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 善意の第三者

【善意の第三者】| 不動産用語集

善意の第三者

読み方:ぜんいのだいさんしゃ
日常語の善意は、善良な心というような意味で使用されるが、法律用語としての善意とは、「ある事情について知らない」という意味で使用される。

従って「善意の第三者」とは、ある事柄について事情を知らない第三者ということになる。

例えば、ダイヤ入りの指輪は動産なので、即時取得の対象となる。即ち、その指輪が預かり物であるという事情を知らずに、保管しているだけの人から安い値段で買い取った人は、即時取得によって保護さる。つまりこの指輪を預けていただけの被害者から引渡しを求められたときに返さなくてもよいことになる。
 
ただし、即時取得の条件としては、善意・無過失であることとされているので、事情を知らないことについて落ち度のなかったことも必要となる。
【関連用語】
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る