1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 成年後見制度

【成年後見制度】| 不動産用語集

成年後見制度

読み方:せいねんこうけんせいど
平成12年4月1日施行の改正民法で定められた制度。

成年後見制度は、判断能力の不十分な成年者(痴呆性高齢者・知的障害者・精神障害者等)を保護するため、契約といった法律行為を単独で行うことができない成年者に対して、保護者をつけて行為能力不足を補い、保護者の権限を無視した被保護者の行為を取り消せるものとした制度である。

成年後見制度には、判断能力を欠く常況にある者に対する後見、判断能力が著しく不十分な者に対する保佐、判断能力が不十分な者に対する補助という3類型があり、それぞれに。成年後見人保佐人補助人を付し、代理権や同意権のほか取消権を与えて本人を保護している。
【関連用語】
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る