1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 制限行為能力者の相手方の催告権

【制限行為能力者の相手方の催告権】| 不動産用語集

制限行為能力者の相手方の催告権

読み方:せいげんこういのうりょくしゃのあいてがたのさいこくけん
制限行為能力者契約等をした相手方が、1ヵ月以上の期間を定めて、その契約等を追認するか否かを返答するように催告することができる権利(民法20条)。

催告を、制限行為能力者が行為能力者(行為能力の制限を受けない者)となった後、その者に対して、又は制限行為能力者が行為能力者とならない間に、その法定代理人保佐人又は補助人に対し行った場合には、期間内に返答がないときは、その契約等を追認したものとみなされる(契約等の取消しができなくなる)。

また、被保佐人又は被補助人に対しては、期間内にその保佐人又は補助人の追認を得るべき旨の催告をすることもでき、この場合において、その被保佐人又は被補助人がその期間内にその追認を得た旨の通知を発しないときは、その行為を取り消したものとみなされる。

なお、制限行為能力者である未成年者成年被後見人に対して催告をすることはできない。
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る