1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 心裡留保

【心裡留保】| 不動産用語集

心裡留保

読み方:しんりりゅうほ
心裡留保とは「真意を心のうちに留めて置く」という意味で、表意者が表示行為に対応する真意のないことを自覚しながら行った意思表示のことである(民法93条)。

例えば、冗談で、ある物を贈与する意思がないにもかかわらず、相手方に無償で与えると約束したりするような場合が心裡留保にあたる。

このような心裡留保による意思表示は原則として有効である(民法93条本文)。

ただし、意思表示の相手方が、本人の真意に気付いていた場合(または通常の注意力を働かせれば真意に気付いて当然であった場合)には無効となる(民法93条但書)。そのような相手方を保護する必要はないからである。
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る