1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 未成年者の相続税額控除

【未成年者の相続税額控除】| 不動産用語集

未成年者の相続税額控除

読み方:みせいねんしゃのそうぞくぜいがくこうじょ
相続人未成年者のときは、未成年者控除が受けられ、相続税の額から一定の金額を差し引くことができる。

未成年者控除が受けられるのは次のすべてに当てはまる人である。
  1. 相続遺贈で財産をもらったときに日本国内に住所がある人又は、日本国内に住所がない人でも次のいずれにも当てはまる人。(1)その人が、日本国籍を有している。(1)その人又は被相続人が、相続開始前5年以内に日本国内に住所を有したことがある。
  2. 相続や遺贈で財産をもらったときに20歳未満である人。
  3. 相続や遺贈で財産をもらった人が法定相続人相続放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合における相続人)であること。

未成年者控除の額は、その未成年者が満20歳になるまでの年数1年につき10万円(平成26年12月31日までに発生した相続の場合は6万円)で計算した額であり、また、年数の計算に当たり、1年未満の期間があるときは切り上げて1年として計算する。

なお、未成年者控除額が、その未成年者本人の相続税額より大きいため控除額の全額が引ききれないことがあるが、この場合は、その引ききれない部分の金額をその未成年者の扶養義務者の相続税額から差し引く。

また、その未成年者が今回の相続以前にも未成年者控除を受けているときは、控除額が制限されることがある。

住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る