1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 譲渡所得

【譲渡所得】| 不動産用語集

譲渡所得

読み方:じょうとしょとく
譲渡所得とは、資産の譲渡による所得をいう(所得税法33条)。

譲渡所得の対象となる資産とは、土地借地権建物、船舶、機械器具、漁業権、取引慣行のある借家権、ゴルフ会員権、特許権、著作権、鉱業権、土石(砂)、特定の有価証券、書画、骨とう、宝石などである。なお、貸付金や売掛金などの金銭債権は除かれる。

資産の譲渡とは、有償無償を問わず、所有資産を移転させる一切の行為をいうので、通常の売買のほか、交換競売公売、代物弁済、財産分与収用、法人に対する現物出資なども含まれる。

譲渡する資産の所有期間が5年を越えるものを長期譲渡所得、5年以下のものを短期譲渡所得とするが、不動産については、譲渡した年の1 月1日現在で5年を越えるものが長期譲渡所得となる。

土地や建物の譲渡による所得は、他の所得等と合算せず分離して税額を計算する(租税特別措置法31条、32条)。
【関連用語】
【外部リンク】
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る