1. 不動産・不動産情報のセンチュリー21
  2. お役立ち情報
  3. 不動産用語集
  4. 借地権割合

【借地権割合】| 不動産用語集

借地権割合

読み方:しゃくちけんわりあい
借地権が取引の対象になっている場合の、借地権価額(価格)のその土地の価額(価格)に対する割合をいう。

その割合は地域により、また借地権の期間等によりさまざまであるが、一般的に商業地では高く、住宅地、工業地の順に低くなるとされている。

また、相続税評価では、路線価図で設定された借地権割合が、その地域での借地権取得指標とされているが、おおむね、住宅地で60%、商業地で70~80%程度である。

なお、市場における借地権割合と税務上の借地権割合は必ずしも一致するとは限らない。
【外部リンク】
住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶ際に知っておきたい情報をご案内します。

詳しくはこちら

無料売却査定・ご相談

無料売却査定・ご相談

不動産の相続対策

相続対策のことならセンチュリー21のプロジェクトチームにお任せください。

詳しくはこちら

不動産仲介フランチャイズ店舗数No.1(※売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2017年7月時点/東京商工リサーチ調べ))

ページトップに戻る